フラット35の金利が最安の銀行は?

一覧
フラット35は住宅金融支援機構と民間の金融機関各社がコラボレーションして出している住宅ローンです。

 

どこの銀行で借りても名前は同じフラット35なのですが、実は借り入れ金利が金融機関によって大きく違います。それぞれの銀行や住宅ローン会社が独自に金利を設定することができるのです。

 

そのためフラット35金利安い銀行と高い銀行がでてきます。

 

フラット35金利はあなたが利用する金融機関によって異なり、選び方を間違えて高い銀行を選ぶとそれだけで金利最安銀行を選んだ場合と比較すると大きく損をすることにもなります。

 

また、フラット35金利は毎月見直しをされるので実際に申し込まれるときには必ず利用する金融機関で金利をチェックしてください。

 

大事なこととしてフラット35の場合、住宅ローンに適用される金利は融資を申し込んだときの金利水準ではなく、融資の決定が下り、実際に融資が実行されるときの金利が適用されることがあります。

 

フラット35融資が実行されるのは建物の引渡し時になります。ですからマンションや建売住宅を買う場合にはそれほど差は出ないかもしれませんが、注文住宅や、新しく家を建築するという場合、申し込みと建物の引渡し時期が半年近く違うこともあります。

 

それだけの期間が開いてしまうとフラット35金利も大きく変動している可能性があるのです。

 

融資を申し込んだ時期から、実際に融資が始まるまでに長く時間が空いてしまうとその間に金利が上昇してしまい、返済計画が狂ってしまうこともあります。

 

フラット35で一番金利が低い銀行と高い銀行を比較するとその金利差は1%以上になることも!最長35年のローンですからその1%の差は金額にすると数百万円以上にもなるのです。

 

ですからフラット35を借りる際はしっかりと金利を比較して金利最安銀行から借りることが一番大切になります。

 

フラット金利動向は金融機関のHPなどでチェックするようにしましょう。

 

※ 毎月金利の見直しがあり月によって異なります。

 

<2017年5月の金利と融資事務手数料>

◆ 主な都市銀行・信託銀行・ノンバンク

金融機関名 融資金利 事務手数料
楽天銀行 1.060% 融資額×1.08%
ARUHI 1.060% 融資額×2%
NTTファイナンス 1.060% 融資額×2%
日本モーゲージ 1.060% 融資額×2.0%
ジェイ・モーゲージ 
   Aタイプ
   Bタイプ
 
1.060%
1.280%

融資額×2%+消費税
54,000円
全宅住宅ローン 
   Aタイプ
   Bタイプ
 
1.220%
1.320%

108,000円
融資額×2.1%
旭化成モーゲージ 1.060%
1.300%
全期間型は54,000円
段階金利は融資額×1.512%
みずほ銀行 1.260% 32,400 円
りそな銀行
   Aタイプ
   Bタイプ
 
1.340%

32,400円

フラット35住宅ローンランキング(2017年5月版)

スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み