フラット35とは?

イメージ
「フラット35」とは元、住宅金融公庫、現在の住宅金融支援機構の証券化支援事業によって銀行など民間の金融機関とのコラボレーションで始まった新しいタイプの住宅ローンです。

 

大きな特徴としては、金利が返済終了まで固定されるというメリットや融資を申し込む際の保証料、繰り上げ返済をする時の手数料などが無料であるというメリットがあります。

 

フラット35を取り扱っている金融機関は、銀行のほかにも信用金庫、信用組合、労働金庫、また保険会社やノンバンクなどでも取り扱っています。

 

また金利については融資を受ける金融機関によってそれぞれ違うので利用するときには慎重に検討する必要があります。

 

この「フラット35」住宅ローンの仕組みを簡単に説明すると私たち利用者が民間の金融機関に融資を受け、その金融機関が貸し出したローン債権を住宅金融支援機関に譲渡します。

 

住宅金融支援機関はそれを住宅ローン担保という債権のようなものに証券化して、投資家に売却するという仕組みになっています。

 

そのためにフラット35は、「証券化ローン」と呼ばれることもあります。

 

それぞれの銀行が申し込みの受付などを行うのですが実際の債権は住宅金融支援機構にあり、万が一そのローンの支払いができなくなっても受付をした銀行は損をすることはありません。

 

またフラット35を貸し出すことによる銀行側のメリットは実は手数料の収入と、返済口座などを指定することによる顧客の囲い込みができるという程度だとされています。

 

そのため以前は銀行側がフラット35の審査が基準を徹底せずに基準を満たしていない場合でも審査に通してしまうということがあったのです。

 

そのためフラット35は審査が甘いという噂が出てきているという面もあるのです。

 

もちろんそういった状況は指導が入り現在ではしっかりと住宅金融支援機構の基準を満たさないと審査には通らないようになっているはずです。

 

現在は「超低金利時代」ともいわれていますが最近では日銀の政策を反映してか金利上昇のウワサもまことしやかにささやかれています。

 

フラット35はこんな時期だからこそ最大限にそのメリットを生かすことができます。

 

低金利で長期間での住宅ローンを組むことにより金利を固定させることができ、そうすることによって将来金利が上昇することになっても返済額が増えることなく、安心して将来の返済計画を立てることができます。

 

フラット35の長期固定金利は、「金利上昇」という大きなリスクから私たちを守ってくれる心強い仕組みですね。

フラット35住宅ローンランキング(2017年5月版)

スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み