フラット35の特徴とは?

イメージ
フラット35の一番大きな特徴は「どこで借りるのかで金利が変わってくる」 という点です。

 

固定金利の住宅ローンの中でも特に金利が低い「フラット35」ですが、融資を受ける際には融資手数料が別途必要になっています。

 

融資手数料の金額はそれぞれの金融機関によって異なっているので融資を受けるときには必ず比較するようにしてください。

 

ただ、どこの金融機関でフラット35を受けるべきかを比較検討するときには金利の高い低いだけで判断するのではなく、そのほかの融資手数料なども一緒に合わせて考えるようにするのがベストです。

 

例えばもっとも低い金利水準で融資を行っている金融機関があったとしても逆に融資手数料を高い水準で設定している場合もあります。また、ほかにもローンの事務手数料として数万円の支払いをしないと いけないようになっている場合もあります。

 

これらのことを考えると、単純に「金利が低い=一番良い」と 言う構図には当てはまってきません。

 

自分たちにとって一番有利なローンを組むためには、手数料などを含めた 「実質的な総借入金額」を計算し、比較するのが一番いい方法であり賢い判断方法だと言えます。

 

もちろん一番ベストなのは「金利も低くて融資手数料も安い」ということになるのですが、ここで気をつけるべき落とし穴は「金利は毎月変動している」ということです。

 

今月の金利が来月まで続くとは限りません。

 

また融資手数料にしても、金融機関がキャンペーンとして一時的に安く設定している場合もよくあるので、一概に「ココが安いから決めた!!」と決めつけてしまわないようにしましょう。

フラット35住宅ローンランキング(2017年5月版)

スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み