フラット35のデメリットは?

フラット35のデメリットは?

イメージ画像
フラット35は今までにもお話してきたとおり、たくさんのメリットを得ることができる 住宅ローンですが、メリットを知るのと同様にきちんとデメリットも確認しておく必要があります。

 

まず一つ目ですが、フラット35はすべての物件で利用できるわけではありません。それは「利用できる条件」のなかに「一定の水準を満たした住宅でなければならない」という記述があるからです。

 

利用するためには対象となる物件が、住宅金融支援機構の技術基準に適合しているという証明となる、「適合証明書」を発行してもらう必要があるのです。

 

でも考えようによってはフラット35が利用できると住宅というのは優良住宅であるというお墨付きをもらったも同然なのですから、デメリットというほどのことではないのかもしれませんね。

 

次に二つ目ですが、融資を受ける際に受ける審査の収入基準が民間の住宅ローンに比べて厳しいものであるということです。

 

融資を受けるには、年収に対する年間返済の負担率が30パーセント、毎月の返済額にして4倍以上の月収が必要になってきます。 このことから、融資を受けるにはそれ相応の収入が必要で、そうでない場合には、返済期間を必要以上に長くのばさないといけないなど、かえって危険なローンになってしまうこともあるからです。これではせっかくのメリットも生かされることはありません。

 

また、ローンを組む際には借り過ぎないことが一番大事なことです。

 

最後に一番気をつけないといけないことは、金利は「融資が実行される時点の金利が適用される」と言うことです。

 

以前の住宅金融公庫融資の場合は、同じ長期固定金利という条件であっても申し込み時での金利が適用されていました。

 

そのために、たとえば融資申し込みから入居までの期間が一年ほどある新築マンションであったとしても、その間の金利の動向などは気にする必要がありませんでした。

 

しかし、フラット35は、先ほども言ったように「申し込み時の金利」ではなく「融資の実行時の金利」が適用されるので、申し込みのときから入居するまでの期間に金利が上昇した場合は資金計画が大きく変わる場合もあります。

 

これらの点をしっかりと認識し理解した上で利用するようにすれば フラット35はとても安心して利用できる住宅ローンであると言えます。

フラット35住宅ローンランキング(2017年7月版)

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結で簡単
  • 固定も変動も魅力的な低金利
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 5つの団信保険から選べる充実保障
  • じぶん銀行口座が無くても申し込み可能
  • 年収基準は安定して継続した収入があること
矢印 申し込み


サムネイル
  • ネット銀行だから実現できた低金利
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借り手の側に立ったサービスを実現
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障料無料
  • 借入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
  • 固定も変動も最安水準の金利で人気
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低水準の金利と手数料を実現
  • 繰り上げ返済手数料無料・10万円〜
  • 保証料無料・安い諸費用で人気
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • フラット35独自の審査基準で通りやすい
  • 日本全国どこでも借りられる
  • 返済口座を楽天銀行に指定で手数料が1.08%に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 全国110店舗以上365日年中無休で対応
  • 365日気軽に申し込み、資料請求可能
  • 定期預金金利優遇・WAON等の特典あり
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 前年度年収300万円以上が収入の条件
  • 金利・手数料トータルでお得
  • 事務取扱手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 安心パックで借入れ後のリスクに対応
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 新規借入れ・借り換えともにメリット大
スペック 矢印 申し込み