フラット35の失敗しない銀行の選び方は?

イメージ
フラット35を取り扱っている金融機関は銀行だけでなく、信用金庫、労働金庫保険会社、またノンバンクなどでも多数取り扱っています。

 

どこの金融機関のフラット35を選べばよいかについては利用者それぞれの選ぶ基準によって変わってきます。

 

まず多くの方が一番に望む基準としては金利の低さでしょう。

 

住宅ローンの場合、借りる金額がとても大きいだけに金利が1パーセント上がるだけでも総支払金額は大きく変わってきます。ですから金利がどれだけ低いかを比較することは選ぶ条件としてなによりも重要だと言えます。

 

ほかにも選ぶ基準として挙げられるのは融資の際に必要な手数料の金額があります。手数料も金利と同じく金融機関によってそれぞれ違うので選択する一つの目安にはなります。

 

また住宅を購入するときには、いろいろ諸費用もかかってきます。

 

印紙代や不動産取得税や消費税、不動産業者を通した場合などに発生する仲介手数料、また土地、建物の登記にかかる費用、ほかにも引っ越し代金、家具や照明器具などの経費など金額にするとかなりの額になります。これらの諸費用は現金で支払わないといけません。

 

頭金が少ないなど資金に余裕のない方などは、たくさん借りることのできるフラット35を選ぶという選択もできますが、無理な計画を立てないようにすることがなによりも一番大事なことです。

 

何度も言うように返済期間は数十年に渡って・・ととても長いスパンです。

 

無理な支払い計画では結局長続きしないという結果にもつながります。無理のない余裕をもった返済計画を立てるようにしてください。

 

ポイントをまとめておくと。何よりも重要なのは金利ですよね。同じフラット35という商品名をつけていても各会社で金利や手数料にはこれには違いがあります。金利は一番重要なポイントであるとともに一番違いが出るところでもあります。

 

つぎに事務手数料です。

 

事務手数料もまた各社異なります。この前者二つが総支払額をほぼ決めてしまいますから入念なチェックが必要でしょう。最近は金利と手数料の変化が激しいようですので頻繁にチェックすることが大事です。

 

他にも借り入れ可能額・頭金・保険料などがあります。これらもよく注意してあなたに一番合ったローン会社を決めましょう。

フラット35住宅ローンランキング(2017年3月版)

※ 新生銀行・住信SBIネット銀行・イオン銀行住宅ローンはフラット35の商品ではありません。借り入れ条件や金利などを比較したうえでおすすめするべきと判断して掲載しています。