フラット35の選び方

フラット35の失敗しない銀行の選び方は?

イメージ

フラット35を取り扱っている金融機関は銀行だけでなく、信用金庫、労働金庫保険会社、またノンバンクなどでも多数取り扱っています。

 

どこの金融機関のフラット35を選べばよいかについては利用者それぞれの選ぶ基準によって変わってきます。

 

まず多くの方が一番に望む基準としては金利の低さでしょう。

 

住宅ローンの場合、借りる金額がとても大きいだけに金利が1パーセント上がるだけでも総支払金額は大きく変わってきます。ですから金利がどれだけ低いかを比較することは選ぶ条件としてなによりも重要だと言えます。

 

ほかにも選ぶ基準として挙げられるのは融資の際に必要な手数料の金額があります。手数料も金利と同じく金融機関によってそれぞれ違うので選択する一つの目安にはなります。

 

また住宅を購入するときには、いろいろ諸費用もかかってきます。

 

印紙代や不動産取得税や消費税、不動産業者を通した場合などに発生する仲介手数料、また土地、建物の登記にかかる費用、ほかにも引っ越し代金、家具や照明器具などの経費など金額にするとかなりの額になります。これらの諸費用は現金で支払わないといけません。

 

頭金が少ないなど資金に余裕のない方などは、たくさん借りることのできるフラット35を選ぶという選択もできますが、無理な計画を立てないようにすることがなによりも一番大事なことです。

 

何度も言うように返済期間は数十年に渡って・・ととても長いスパンです。

 

無理な支払い計画では結局長続きしないという結果にもつながります。無理のない余裕をもった返済計画を立てるようにしてください。

 

ポイントをまとめておくと。何よりも重要なのは金利ですよね。同じフラット35という商品名をつけていても各会社で金利や手数料にはこれには違いがあります。金利は一番重要なポイントであるとともに一番違いが出るところでもあります。

 

つぎに事務手数料です。

 

事務手数料もまた各社異なります。この前者二つが総支払額をほぼ決めてしまいますから入念なチェックが必要でしょう。最近は金利と手数料の変化が激しいようですので頻繁にチェックすることが大事です。

 

他にも借り入れ可能額・頭金・保険料などがあります。これらもよく注意してあなたに一番合ったローン会社を決めましょう。

フラット35住宅ローンランキング(2017年11月版)

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結で簡単
  • 固定も変動も魅力的な低金利
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 5つの団信保険から選べる充実保障
  • じぶん銀行口座が無くても申し込み可能
  • 年収基準は安定して継続した収入があること
矢印 申し込み


サムネイル
  • ネット銀行だから実現できた低金利
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借り手の側に立ったサービスを実現
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障料無料
  • 借入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
  • 固定も変動も最安水準の金利で人気
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低水準の金利と手数料を実現
  • 繰り上げ返済手数料無料・10万円〜
  • 保証料無料・安い諸費用で人気
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • フラット35独自の審査基準で通りやすい
  • 日本全国どこでも借りられる
  • 返済口座を楽天銀行に指定で手数料が1.08%に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 全国110店舗以上365日年中無休で対応
  • 365日気軽に申し込み、資料請求可能
  • 定期預金金利優遇・WAON等の特典あり
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 前年度年収300万円以上が収入の条件
  • 金利・手数料トータルでお得
  • 事務取扱手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 安心パックで借入れ後のリスクに対応
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 新規借入れ・借り換えともにメリット大
スペック 矢印 申し込み