フラット35の申し込みの必要書類と諸費用は?

イメージ
住宅ローンの申し込みの一般的な流れとしては「仮審査」→「本審査」→「契約」となります。

 

またローンの申請時にはたくさんの書類が必要となりますのでそれらの書類は事前にしっかりと準備しておくのがいいでしょう。(必要となる書類は金融機関等で若干異なりますので 詳しくはそれぞれの金融機関等でお確かめください)

 

ローン申し込み時に必要な書類 ?ローンの申込書

 

  • 本人確認書(運転免許証やパスポートのコピー)
  • 収入を証明する書類(2~3年分)(源泉徴収票・確定申告の写しなど)
  • 勤続年数が確認できるもの(健康保険証など)
  • 物件に関する資料(売買契約書・土地・建物の登記簿謄本・パンフレットなど)
  • 印鑑証明
  • 住民票(家族全員分

 

書類をすべて提出し、金融機関で事前審査(仮審査)を受けます。この審査には普通1〜3週間、1か月ほどかかると言われています。

 

この仮審査に通れば基本的には本審査もほぼ通ると考えて大丈夫でしょう。

 

入居の1か月前ほどになると住宅ローンの正式な契約を行います。契約には必ず本人が金融機関に行かないといけません。契約時にも必要な書類があるので事前にしっかり用意をしておきましょう。

 

フラット35の場合には建設または購入する住宅が「独立行政法人・住宅金融支援機構」の技術基準に適合していないと融資を受けることができません。

 

なので技術基準に適合しているという証明書「適合証明書」を提出する必要があります。

 

この証明書はたいてい物件の仲介や建設を請け負った不動産会社が紹介してくれ、ふつうは手続きも合わせて行ってくれます。

 

ローンの契約時に必要な書類 ?金銭消費貸借契約書(*印紙税が必要です)

 

  • 団体信用生命保険の申込書・告知書
  • 火災保険や地震保険の申込書
  • 「フラット35」の適合証明書

フラット35住宅ローンランキング(2017年5月版)

スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み