フラット35Q&A

フラット35Q&A

土地のみでもフラット35は適用できますか?

フラット35は土地だけでは利用できません。建物がついて初めて利用が可能となります。

 

他の住宅ローンとの併用は可能ですか?

フラット35は他の住宅ローンとの併用が可能です。フラット35の融資金の上限は物件価格の9割と決まっているので 自己資金が少ない場合は民間の住宅ローンなどと併用する必要があります。フラット35と民間の住宅ローンを併用する場合は、返済期間を同じにする必要はありません。というのも、フラット35は長期固定金利なので将来的な金利上昇のリスクもありません、反面、民間ローンは短期変動金利なので返済期間が長くなればそれだけ金利上昇のリスクも高くなってきます。両者にそれぞれあった返済期間を見極めてローンを組むのが最適です。

 

フラット35を複数の金融機関に申し込むのは可能か?

フラット35は複数の金融機関に申し込むことが可能です。ただ、それぞれの申し込みに対して申し込みや収入証明などの書類の提出が必要です。書類を重複しての利用はできません。また、最終的に利用されない申し込みについては「金銭消費貸借契約前」に辞退の手続きを忘れずにしてください。

 

収入を合算して申し込みできますか?

合算しての申し込みは一定の基準をクリアしてのみできます。

 

収入合算できる人

  • 申し込み者の直系親族、配偶者、婚約者、内縁関係にある方
  • 1名のみ
  • 借入時の年齢が70歳未満である方
  • 申し込み者と申しこんだ住宅で同居をされる方
  • 連帯債務者となれる方