フラット35を借りるための審査基準・審査について

計算
フラット35を利用する場合にも他の住宅ローンと同じように審査を受けないといけません。

 

住宅ローンの審査は、仮審査と本審査の2段階に分かれていて仮審査に通ったからと言って、スグに融資決定というわけではなく本審査に進むことができるよ、というだけです。

 

審査の方法や内容は金融機関によっても違ってくるので一概にここで断言することはできませんが、概要は以下のとおりです。
◆ 仮審査
仮審査で基準となるのは

  • 申し込み人の評価
  • 物件の担保価値
  • 返済能力の有無

 

です。

 

これらは基本的に本人の申告をもとにして審査されます。その後、仮審査に通った方だけが本審査に進むことができます。

 

◆ 本審査
仮審査の書類などで虚偽の報告がなければ基本的には通ると言われています。本審査に通らない場合の理由としてはいくつかあります。

 

まず、本審査の条件として提出された条件をクリアしなかった場合。また、仮審査の告知内容と違う場合、他にローンがあったり転職や失業した場合、そのほかにも借りる側に大きな変化があった場合などです。

 

ほかには、過去にクレジットでのトラブルがあった(ブラックリストに載っているなど)場合や、消費者金融などから多額の借り入れがあるなどの場合には審査に影響が出て、利用は困難になるようです。

 

◆ 申し込み人の年齢制限
申し込み人の年齢が申し込みの時点で70歳未満でなければいけません。ただ、「親子リレー返済」を選択することで70歳以上の方でも申し込みすることができます。

フラット35住宅ローンランキング(2017年3月版)

※ 新生銀行・住信SBIネット銀行・イオン銀行住宅ローンはフラット35の商品ではありません。借り入れ条件や金利などを比較したうえでおすすめするべきと判断して掲載しています。

フラット35審査の記事一覧

「フラット35」とは元、住宅金融公庫、現在の住宅金融支援機構の証券化支援事業によって銀行など民間の金融機関とのコラボレーションで始まった新しいタイプの住宅ローンです。大きな特徴としては、金利が返済終了まで固定されるというメリットや融資を申し込む際の保証料、繰り上げ返済をする時の手数料などが無料であるというメリットがあります。フラット35を取り扱っている金融機関は、銀行のほかにも信用金庫、信用組合、...

フラット35とは、最大35年間の長期固定金利で保証料は不要。さらに繰り上げ返済時の手数料が無料など住宅を購入する上で非常に大きなメリットがあります。金利は固定されているのため総返済額が確定し返済プランの組み立てに不確定要素が少なくて済む点でも人気を集めています。以前は住宅金融公庫の直轄制度が基本で融資額が住宅購入金額の80%までだったのですが現在は融資幅が拡がって購入金額の100%まで融資出来るよ...

2003年10月に登場した新しいタイプの住宅ローン「フラット35」は旧・住宅金融公庫、現在の住宅金融支援機構が民間の金融機関が貸し出した住宅ローン債権を買い取り、それを証券化して機関投資家に売却する仕組みになっています。表向きは民間ローンという位置づけになってますが金利など一部を除いては、前身である住宅金融公庫のときの融資とよく似ています。また、フラット35を利用する場合には一定の条件をクリアしな...

住宅ローンの申し込みの一般的な流れとしては「仮審査」→「本審査」→「契約」となります。またローンの申請時にはたくさんの書類が必要となりますのでそれらの書類は事前にしっかりと準備しておくのがいいでしょう。(必要となる書類は金融機関等で若干異なりますので 詳しくはそれぞれの金融機関等でお確かめください)ローン申し込み時に必要な書類 ?ローンの申込書本人確認書(運転免許証やパスポートのコピー)収入を証明...

フラット35は、この今の低金利の恩恵を長期にわたって受けることのできる住宅ローンとして現在大きな注目を集め、利用者も年々増えています。ここでは「フラット35」の主なメリットを紹介し、利用する際の検討にお役立ていただけたらと思います。フラット35のメリット1) フラット35の最大のメリットは最長35年の長期固定金利型ローンであるということです。現在のフラット35の金利水準は民間の変動金利型のローンと...

フラット35は今までにもお話してきたとおり、たくさんのメリットを得ることができる 住宅ローンですが、メリットを知るのと同様にきちんとデメリットも確認しておく必要があります。まず一つ目ですが、フラット35はすべての物件で利用できるわけではありません。それは「利用できる条件」のなかに「一定の水準を満たした住宅でなければならない」という記述があるからです。利用するためには対象となる物件が、住宅金融支援機...

フラット35を取り扱っている金融機関は銀行だけでなく、信用金庫、労働金庫保険会社、またノンバンクなどでも多数取り扱っています。どこの金融機関のフラット35を選べばよいかについては利用者それぞれの選ぶ基準によって変わってきます。まず多くの方が一番に望む基準としては金利の低さでしょう。住宅ローンの場合、借りる金額がとても大きいだけに金利が1パーセント上がるだけでも総支払金額は大きく変わってきます。です...

フラット35の一番大きな特徴は「どこで借りるのかで金利が変わってくる」 という点です。固定金利の住宅ローンの中でも特に金利が低い「フラット35」ですが、融資を受ける際には融資手数料が別途必要になっています。融資手数料の金額はそれぞれの金融機関によって異なっているので融資を受けるときには必ず比較するようにしてください。ただ、どこの金融機関でフラット35を受けるべきかを比較検討するときには金利の高い低...

住宅ローンは多大な金額を借入れ、そしてそれを数十年にわたって払い続けていかなければならないものです。ですので金利は少しの差でも返済総額に換算すると結果的にはものすごく大きな差になって出てきてしまいます。人生で一番高い買い物をするわけですから、後々後悔などしないよう住宅ローンを組む上は慎重に慎重を重ね考えていきましょう。まず第一に注目するべきなのは金利ですね。お金にまつわる大事なことですから、自分が...

土地のみでもフラット35は適用できますか? フラット35は土地だけでは利用できません。建物がついて初めて利用が可能となります。他の住宅ローンとの併用は可能ですか?フラット35は他の住宅ローンとの併用が可能です。フラット35の融資金の上限は物件価格の9割と決まっているので 自己資金が少ない場合は民間の住宅ローンなどと併用する必要があります。フラット35と民間の住宅ローンを併用する場合は、返済期間を同...