フラット35(保証型)とは?

イメージ画像
※フラット35保証型は現在新規申し込みは停止されています。

 

これまで述べてきたフラット35のしくみは「買取型」とよばれるタイプでした。

 

従来はこの「フラット35・買取型」しかなかったのですが平成19年から新しい「フラット35・保証型」という仕組みの住宅ローンが始まりました。

 

「フラット35・保証型」は買取型よりも、より民間ローンにとても近い住宅ローンと言えます。

 

買取型との一番の大きな違いは、住宅ローン債権を住宅金融支援機構が買い取りせずにフラット35・保証型を担保として民間金融機関が独自に証券化するという点にあります。

 

住宅金融支援機構はローン債権の買い取りは行わず、フラット35を担保として発行した債券等の債務の支払いについて保証するというものです。住宅金融支援機構はあくまでも保証を行うだけですので、商品の特徴やカラーも民間金融機関独自それぞれの色が出しやすくなります。

 

フラット35(買取型)とフラット35(保証型)の一番大きな違いとして 真っ先に出てくるのが保証型のみローンの借り換えでも利用できるという点です。(※現在では買取型でも借り換えが可能になっています。)従来では住宅ローンの借り換えは、民間でしかできないという制約がありました。民間の住宅ローンの金利は基本的には短期変動金利がほとんどですので借り換えしたときには効果が期待できても、長期的にみた場合など金利が上昇したときには「借り換えなんかしない方がよかったな・・」ということになりかねませんでした。

 

ですが、これからフラット35で借り換えることができれば、借り換えの時点では利息軽減ができ、そしてまた将来的にみても金利上昇のリスクを恐れることもなくなるというダブルのメリットが受けられます。

 

これから住宅ローンの借り換えで悩まれている方はぜひフラット35を視野に入れて検討することをお勧めします。

フラット35(保証型)の特徴

※フラット35保証型は現在新規申し込みは停止されています。フラット35で借り換えが可能です。

 

フラット35(保証型)の大きな特徴は何といっても「借り換えができる」という点です。ではそのほかにもどんな特徴があるのでしょうか。

 

○ 物件価格の最大100パーセントまで借りられる
住宅ローンの借入金額は、民間の金融機関では従来、80パーセント上限が原則でした。(最近では80パーセントを超えての融資も受けられるところが出てきています。)

 

そしてフラット35(買取型)では、平成19年度からは、最大90パーセントまで融資を受けられるようになりました。そしてついにフラット35(保証型)では物件価格の100パーセント(上限額は8000万円)まで融資を受けられることができるようになったのです。

 

しかし、実際の融資金額を決めるのは金融機関ですので、すべての金融機関が100パーセントで設定してるわけではありません。

 

実際の融資金額は金融機関ごとに80パーセントから100パーセントの範囲で決めるというシステムになっています。フラット35(保証型)を利用することができれば頭金なしで住宅を買う・・ということが可能になります。

 

○収入基準も金融機関が設定
フラット35(買取型)では融資を受ける際の収入基準は年収の25パーセントまでですが、フラット35(保証型)の場合では収入基準も貸し出しを行う金融機関が独自に決めることができます。今現在、フラット35(保証型)を扱っている金融機関はまだ少数でしかありませんが、3行とも最大40パーセントまでOKということになっています。この収入基準は民間住宅ローン並みで、とても借りやすいものと言えます。

フラット35住宅ローンランキング(2017年5月版)

スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み