借り入れ期間の短いフラット20のメリットは?

イメージ画像
フラット20は最近登場した新商品ですが商品内容としてはフラット35とほとんど変わりません。

 

では、全く同じかと言うとそうではなく一番の大きな違いは金利差にあります。

 

フラット20の方がフラット35より金利が安く低く設定されているので、そのためにローンの支払総額はフラット20の方が安くなります。

 

ただ、返済期間が20年以下と短くなってしまうので月々の支払金額はフラット35よりも高くなってしまうというデメリットもあります。

 

フラット20かフラット35かどちらを選択するのかについてはあらかじめ自分で選択するわけではありません。

 

返済期間が20年を下回ると自動的にフラット20、返済期間が20年を上回ると自動的にフラット35が適用されるのです。

 

ですので融資を申し込む際の条件もまた融資の際の事務手数料もフラット35と同じになります。

 

フラット20を検討するのにお勧めの方として、

  • 20年以内で返済してしまいたいと思われている方
  • 毎月の返済額が増えたとしてもより低い金利で支払総額を抑えたいと考えられる方
  • 年齢条件などにより20年以内の借入となられる方

 

などはフラット20のメリットをより受けることができると思います。

 

例えば2000万円の融資の場合、支払総額としてはフラット20のほうが約650万円ほど安くなります。

 

その代りに月々の支払額としては、フラット35だと7.8万円ほどにたいしてフラット20の場合には10.9万円ぐらい必要になります。

 

フラット20はフラット35より金利設定が低いため総支払額は安くなるけれど月々の返済額を見れば、返済期間が短いため高くなってしまうということを理解し、十分注意してくださいね。

フラット35住宅ローンランキング(2017年3月版)

※ 新生銀行・住信SBIネット銀行・イオン銀行住宅ローンはフラット35の商品ではありません。借り入れ条件や金利などを比較したうえでおすすめするべきと判断して掲載しています。