フラット35への借り換えはできる?

イメージ画像
2009年6月からフラット35(借り換え)が登場し買取型、保証型関係なく借り換えが可能になっています。詳細については各金融機関にお問い合わせください。

 

従来フラット35では借り換えができませんでした。 それが平成19年度から登場した、フラット35(保証型)の登場で借り換えることができるようになりました。

 

現在では住宅ローン借り換えの有力な候補としてフラット35があがるようになっています。

 

以前は借り換えというと民間の住宅ローンを利用するしかなかったのですがその場合だと金利上昇のリスクを考えなければなりませんでした。

 

そんな将来的なリスクが怖くて借り換えに踏み切れなかった人でもフラット35なら安心して借り換えることができます。
フラット35に借り換えるメリットとしては、

 

◆ 民間の住宅ローンと違って、低金利の長期固定金利型なので将来的な金利上昇のリスクを心配しなくていい。

 

◆ フラット35を新規に借り入れるのと同じく融資を申し込む際の保証料が無料であるなど、借り換え時に必要な諸費用が安くすむ。

 

◆ 融資決定の際の「収入基準」が民間住宅ローンよりも柔軟(最高で年収に対しての返済負担率が35パーセントまでOK)

 

フラット35に借り換えを検討する場合、今加入している住宅ローンの金利などが、借り換え時の手数料などを支払ってもなおフラット35にした方が得になるかどうかを見極める必要があります。

 

見極めるチェックポイントとしては、

  • 現在の住宅ローンの金利よりフラット35の方が1パーセント以上低い。
  • 現在の住宅ローンの残高が1000万円以上ある。
  • 現在の住宅ローンの返済期間が10年以上ある。

 

以上3つの条件が当てはまった場合はフラット35に借り換えた方がお得になる可能性が大きいといえます。

 

また金利差によってはより条件が厳しくてもフラット35借り換えたほうがお得になるケースが多くなっていますのでまずはシミュレーションをしてみることをおすすめします。

フラット35住宅ローンランキング(2017年5月版)

スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み