フラット35で審査が甘い銀行は?

フラット35住宅ローンは審査が甘い?厳しい?

おすすめ

どれだけ条件がいい銀行の住宅ローンでも審査に通らなければ借りることはできません。フラット35の審査が甘い銀行は、はたして存在するでしょうか?審査に通りやすい銀行や審査基準について詳しく調べました。 住宅ローン特にフラット35の場合にはベストな銀行選びができるかどうかでその返済額が大きく変わります。ちょっとした金利の差、手数料の差、借入れ条件の差が結果として総支払額で数百万円も変わってしまうことになるのです。 当サイトは、あなたにとってベストな銀行の住宅ローンを選択できるように、今、話題の長期固定金利型住宅ローン「フラット35」を中心に、金利情報や人気ランキング、賢い選び方等をわかりやすくご紹介いたします。


フラット35住宅ローンランキング(2017年8月版)

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結で簡単
  • 固定も変動も魅力的な低金利
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 5つの団信保険から選べる充実保障
  • じぶん銀行口座が無くても申し込み可能
  • 年収基準は安定して継続した収入があること
矢印 申し込み


サムネイル
  • ネット銀行だから実現できた低金利
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借り手の側に立ったサービスを実現
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障料無料
  • 借入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
  • 固定も変動も最安水準の金利で人気
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低水準の金利と手数料を実現
  • 繰り上げ返済手数料無料・10万円〜
  • 保証料無料・安い諸費用で人気
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • フラット35独自の審査基準で通りやすい
  • 日本全国どこでも借りられる
  • 返済口座を楽天銀行に指定で手数料が1.08%に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 全国110店舗以上365日年中無休で対応
  • 365日気軽に申し込み、資料請求可能
  • 定期預金金利優遇・WAON等の特典あり
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 前年度年収300万円以上が収入の条件
  • 金利・手数料トータルでお得
  • 事務取扱手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 安心パックで借入れ後のリスクに対応
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 新規借入れ・借り換えともにメリット大
スペック 矢印 申し込み


フラット35で審査が通りやすい銀行とは?【審査基準甘い?】

計算
何度も繰り返しになりますが、住宅ローンを借り入れる際には必ず審査に通らなければなりません。

 

あなたの希望する借入額、金利、借入れ期間、手数料などの借り入れ条件などすべてを満たすためには審査基準をクリアしなければなりません。

 

また、あなたが借りたいと思っている住宅ローンの審査基準にどうしても通らないと思われる場合には頭金を多くする、借入額を見直すなど、審査に通りやすくする工夫も必要になります。

 

年収を上げたり、自動車ローンなどを含めた借金の返済額を減らすといった対策方法は効果的ではあるものの事前の計画もなしに急にできるものではありません。

 

ですから、どうしてもフラット35や優良な住宅ローンを借りたいという場合には、借りやすい銀行を知りたくなるのも無理はないでしょう。

 

それでは審査が甘い住宅ローンという話題で、必ず出てくるフラット35の審査基準は厳しいのでしょうか?それとも甘いのでしょうか?

 

住宅ローン審査に落ちた場合、その理由を金融機関にたずねても答えてもらえません。また年収の基準が300万円以上等と明示されている銀行はありますが、その他の細かい点はどのように審査されているかといったことは明らかにされていないのです。

 

そんな中でフラット35は民間銀行の一般的な住宅ローンと異なる基準で審査されるということで注目されています。

 

たとえば年収についての基準として、民間銀行の住宅ローンでは300万円以上とか、400万円以上、安定した継続的な収入があること、などといった下限額が定められています。

 

一方でフラットの場合には年間合計返済額の割合(総返済負担率)が年収400万円未満は30%以下、年収400万円以上は35%以下とが明示されています。

 

年収いくらから借りられますよと決まっているのではなく、あなたの年収ならいくらまで借りられますと決まっているのです。

 

仮審査では直近2年もしくは3年の収入を提出することを言われますが、申し込み前年の収入がこの基準を満たしていればいいのです。

 

総返済負担率とはフラット35住宅ローンの返済額だけではなく、自動車、教育、クレジットカードの支払い、カードローンなどあなたが借りているすべてのローンの返済額を合わせた金額が問題になるのでその点で注意が必要です。

 

しかし年収がいくら以上無ければいけないという決まりが無いため年収が低かったので他では借りられなかったという方でも審査に通る可能性が出てきます。

 

また、過去に問題になった話ですが、2012年にはフラット35を扱っている一部の金融機関で甘い審査が行われているということで、会計検査院が指導をしたという話がニュースになりました。

 

住宅金融支援機構と民間銀行が提携して貸し出しを行うというフラット35の性格上銀行側はリスクをとる必要が無いため、どうしても審査が甘くなるケースがあったということです。

 

もちろん、現在では審査が厳しくなっているということも考えられますが、依然として一般の住宅ローンとは違う基準で審査が行われていることは間違いありません。

 

ですから、民間銀行の住宅ローン審査に通らなかった場合でも、フラット35で審査を受けてみる価値は十分にあります。

 

当サイトのランキングでご案内している住宅ローンは金利・諸費用・借り入れ条件など徹底的に比較して自信を持っておすすめできる銀行だけをピックアップしています。

 

ですから、住宅ローン選びに迷ったらまずは当サイトのおすすめ銀行で資料請求を行うことをおすすめします。

フラット35は本当に審査基準甘い?【借り入れ条件は?】

イメージ
フラット35住宅ローンの審査が本当に甘いのかどうかを確認するために、まずはフラット35の利用条件を見ていきましょう。甘い、厳しいということは抜きにしても、この条件を満たさなければ、当然ですがフラット35の審査に通ることはありません。

 

大きな金額を長期間にわたって返済していくという性格を持つ住宅ローンの場合、ひとつでも基準を満たさない項目がある人は審査に落ちると考えましょう。

 

最大で35年という長い間も安定して継続的に返済を続けていくことができるかどうかをしっかりと調査されます。ですからまずはしっかりと利用条件を確認しておくことが大事です。

 

フラット35を申し込みできる条件
  • 申込時の年齢が満70歳未満の方
  • 日本国籍の方、永住許可を受けている方または特別永住者の方

 

フラット35の年収の条件

フラット35は年収に占めるすべての借入れの年間合計返済額の割合が決まっています

  • 年収400万円未満 30%以下
  • 400万円以上    30%以下

 

この場合の「すべての借り入れ」とは住宅ローンの返済額だけではなく、マイカーローン・教育ローン・カードローン・クレジットカードの支払いなどすべての返済額を含みます。

 

例えば、年収350万円の方の場合、年間のローン支払額が年収の30%である105万円より多くなる場合には基準を満たしません。

 

住宅ローン審査の年収とは?

この場合の年収は原則として申し込む年度の前年の収入をいい、公的な証明書に記載されている金額になります。

 

また収入とは、給与収入のみの方は、給与収入金額をいい、それ以外の事業所得・不動産所得・利子所得・配当所得の合計額になります。

 

資金使途

資金の使い道は、申し込みをした本人または親族が住むための新築住宅の建設・購入資金または中古住宅の購入資金です。

 

本人、または親族が居住するための住宅という点も見逃せません。またリフォームのための資金は借り入れできません。

 

対象となる住宅の条件は?
  • 住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合している住宅
  • 一戸建て住宅、連続建て住宅、重ね建て住宅の場合:70m2以上
  • 共同建ての住宅(マンションなど)の場合:30m2以上

という条件があり、新築住宅の場合は

  • 建設費(建設に併せて取得した土地の購入費を含めることができます。)
  • 購入価額が1億円以下
  • 申込み時点において竣工から2年以内の住宅で人が住んだことのない住宅

中古住宅の場合は下記のような基準があります。

  • 購入価額が1億円以下(消費税を含みます。)
  • お申込み時点において、竣工から2年を超えている住宅または既に人が住んだことのある住宅

 

借り入れ金利で注意しなければいけない点として、全期間固定金利ということはもちろんですが、融資率によって金利が変わる点にも注意が必要です。

 

これは簡単に言えば自己資金がある場合に借入額が購入金額の何割になるかというもの。

 

フラット35の場合だと以前は購入金額の9割までしか借り入れることができませんでしたが現在は全額借り入れも可能になっているものの、融資率9割以下と9割超では同じ金融機関でも金利が異なるので注意が必要です。

 

保証人・保証料は必要なし。借りる側にとってメリットが一切無い、保証会社に支払う保証料はフラット35は必要ありません。

 

金利と手数料が安いこと、そして保証料が無料であることが現在の住宅ローン選びで重視されるポイントですからこの点についてはフラット35は大きなメリットがあるといえるでしょう。

 

団信生命保険は?

民間銀行の住宅ローンは団信保険の加入は必須です。ですから、持病がある等、健康面で問題があって団信保険に加入できない場合には他の審査基準をすべて満たしていても借りることができません。

 

フラット35の場合団体信用生命保険は原則加入とされているため、団信生命保険に加入できなくても借りることができます。この面でもフラット35は甘いということができます。

 

ただし、加入義務はありませんが万が一の場合に備えて団信には加入しておくことをおすすめします。

フラット35取扱金融機関のかしこい選び方は?

調査
フラット35は、銀行・ノンバンクなどの民間金融機関と住宅金融支援機構(従来の住宅信用公庫)が提携して行っている、最長35年の長期固定金利住宅ローンの事を指します。

 

長期固定金利ということで借り入れ時に確定した返済額が返済期間中に変化することはありません。毎月の返済額も金利変動の影響を受けず決まった額になるため、長期的なライフプランも立てやすくなります。

 

将来的に金利水準が上がっていくと予想されている場合、現在固定で借りている水準との差がそのまま有利な条件になりますから特におすすめとなります。

 

また、ここ数年のフラット35金利の動きを見ればわかりますが、2017年の金利水準は、昨年史上最安まで下がった後じわじわと上がっている途中にあることがわかります。依然として低金利であることは変わらず、これ以上下がることはほとんど考えられないため、固定金利で借りるチャンスであることは間違いありません。

 

実際には10年先、20年先、30年先の水準を予想することは不可能に近いことですから長期固定であることのメリットはより大きくなります。

 

また、現在は景気対策の一環として優良住宅支援制度、いわゆるフラット35Sの金利引き下げが拡充されています。

 

一定の基準を満たす場合にはフラット35Sで金利の引き下げが行われるのです。0.3%の金利引き下げが行われるということでその節約効果は非常に高く、シミュレーションでトータルで数百万円お得になるという結果が出ています。

 

この金利引き下げと住宅ローン減税による節約効果は家計にとっても非常に大きいものになります。

 

フラット35は民間銀行の住宅ローンよりも安くお得な面も多いのですが、利用条件、融資対象となる建物の条件が厳しく決められています。それに伴って審査が長引きやすいのがデメリットの一つといえるかもしれません。

 

逆にいえばフラット35の借入れ条件を満たしていれば、数あるローンの中でもかなりの好条件で組めるためマイホーム購入を考えている人はまず選択肢に入れるべきでしょう。

 

それでは実際にあなたはどこの銀行の住宅ローンをどのようにして選べば良いでしょうか。その選び方にはいくつかポイントがあります。

 

どこの金融期間でも同じ名前をつけているんだからどこのを選んでも同じような物だろうと考える方もいるかもしれませんが実はそうはいかないのがフラット35の特徴です。

 

実際には取り扱い銀行によって、金利と手数料が変わってきます。

 

手数料の1%の違い、金利の0.1%の違いが、実際の返済金額で数十万円、数百万円の差となってしまうことが少なくありません。ほんの少しの差が大きな金額の差になる、つまりその後のあなたの生活、人生をも変えてしまうことになると言っても言い過ぎではありません。

 

おすすめの住宅ローンの基準は、金利と手数料が安いこと。そして保証料が無料であることになります。フラット35の場合には保証料無料ですから、金利と手数料の差が、返済総額の差になります。

 

金利についても最近では楽天銀行や住信SBIネット銀行などのネット銀行などはほとんどが最低金利で横並びになることが多くなっていますが、手数料はそれぞれで異なります。

 

住宅金融支援機構の窓口となってそれぞれの金融機関が貸し出しを行うという仕組みでできているフラット35では、実は銀行側の収入は手数料だけしかありません。

 

返済口座に指定されることで給与振込み口座に指定されるなど顧客の囲い込みができるというメリットもあるのですが、いわゆる儲けの部分は手数料だけなのです。そのため銀行ごとに手数料が変わってきます。

 

優良顧客を手に入れることができるというメリットを重視している銀行は手数料が安く、儲けの部分も重視する銀行は手数料が高めになるということもいえます。

 

そういった金融機関の思惑も視野に入れながらより条件がいい住宅ローンを選ぶのが最新のかしこい選び方なのです!

 

そのため金融機関の比較をする時にも少しの差、細かい差について重箱の隅をつつくようなチェックが必要となります。当サイトではそのチェックのために必要な情報をご紹介し、十分比較・検討した上でランキング形式であなたに一番おすすめのものをご紹介します。

フラット35審査甘い【Q&A】関連ページ

フラット20とは?【借入期間20年以内でさらに金利が安いのが魅力】
最長で35年間借りられるフラット35の借り入れ期間を20年にまで短縮して金利を引き下げたのがフラット20です。20年間の固定金利で住宅ローンを借りたいという方にはベストチョイスになります!
フラット35(保証型)とは?【現在は取り扱いがありません】
フラット35(保証型)についての説明です。現在では取り扱っている金融機関がなくなり取引が停止されています。
フラット35Sとは?長期優良住宅!【金利引き下げでさらにお得!】
一定の基準をクリアした優良住宅を取得する場合に、金利の引き下げが行われるフラット35Sについて説明していきます!金利引き下げ以外にも借り入れ条件の優遇が受けられるフラット35Sの情報はここで!
フラット35が選ばれる理由とは? 【固定金利で人気になる理由!】
多くの方に選ばれているフラット35の人気の理由とは何でしょうか?低金利が続く中で固定金利タイプの住宅ローンは人気がないと言われる中フラット35が人気を集める理由に迫ります。
フラット35とは? 【固定金利人気ナンバーワンの理由とは?】
住宅金融支援機構が民間銀行と提供しているフラット35は新しいタイプの公的ローン。金利がそれぞれの銀行で異なるなど借り入れを失敗しないために注意しなければいけないポイントがたくさんあります。
フラット35のQ&A! 【よくある疑問点や質問にお答えします!】
ここではフラット35のQ&Aをご紹介します。フラット35住宅ローンに関する借り入れや審査などについてのよくある質問とその答えをご覧ください。
フラット35のデメリットは? 【利用条件が厳しくなる?】
フラット35にデメリットはあるのでしょうか?まず物件が適用基準をみたしている必要があります、そういった条件の他、返済で失敗しないためにフラット35のデメリットを確認します。
フラット35のメリットは? 【金利以外にもお得なところがある?】
フラット35を選んだ場合にはどのようなメリットがあるのでしょうか。低金利が続いている現在変動金利の住宅ローンならフラット35よりも金利が安いものはありますそれ以上のメリットがフラットにはあるのです。
フラット35の失敗しない選び方 【どの銀行を選べば一番お得?】
ここではフラット35の失敗しない選び方を教えます!銀行ごとに金利や手数料が異なるフラット35はしっかりと比較をして選ばないと損です。大手銀行でも金利が高くて損することもあるので注意!
フラット35の住宅技術基準とは? 【基準を満たす必要あり!】
ここではフラット35を借りる際の技術基準について詳しく見ていきます。この基準をすべて満たした物件でない場合にはフラット35は借りられません。まずは技術基準を確認しましょう。
フラット35の諸費用と必要書類は?【借り入れにかかる金額】
ここではフラット35の申し込みに必要な書類と費用についてチェックします。申込書類に不備があれば当然借りることはできません。また諸費用もしっかりチェックしておかないとあとあと余計な出費に悩むこともあります。
フラット35の審査基準・審査について 【通るにはどうする?】
ラット35の審査基準は厳しいのでしょうか?また審査に通るためには何をすればよいのかを考察します。フラット35の審査の仕組みと満たさなければいけない条件をここでチェックして借り入れを成功させましょう!
フラット35の特徴とは? 【金利や諸費用のメリットを教えて!】
ここではフラット35の特徴についての考察をします。長期固定金利という一番の特徴の他にフラット35のメリットはないのでしょうか?特徴や注意点をしっかり押さえておきましょう。
フラット35の利用条件・融資対象は? 【借りるの条件があるの?】
フラット35を借りるためには利用条件と融資対象を満たさなければいけません。公的ローンの性質が強いフラット35の借り入れを失敗したくない方はしっかりと確認してください!
フラット35への借り換えできる? 【固定金利のベストチョイス!】
ここではフラット35への住宅ローン借り換えについてご紹介していきます。これまでは借り換えには対応していなかったフラット35ですが現在は利用が可能になりました。借り換えで安定した返済を希望する方は必見です。
フラット35金利比較一覧表! 【最安金利で手数料お得な銀行は?】
ここではフラット35金利を一覧表で比較してをご紹介しています。現在一番金利が低い銀行が一目でわかるので活用してください。フラット35が始まって以来の低水準に金利がなっている現在が借り入れのチャンスです。
フラット35住宅ローンとは?長期固定金利!【おすすめ銀行は?】
ラット35とはそもそもどのような性格の住宅ローンなのでしょうか?フラット35についてその特徴とメリット、デメリットをしっかりと把握しておくことが重要になります。
フラット35住宅ローン総合ランキング 【トータルでお得な銀行は?】
フラット35住宅ローンの金利、手数料、諸費用など借り入れ条件を総合的に判断して本当におすすめできる銀行のランキングを作りました。住宅ローン選びで失敗したくない、損したくない方必見です。
フラット35用語集!用語解説【失敗を防ぐための基礎知識!】
ここではフラット35の用語集をご紹介します。難しい用語や数字の羅列があるからと避けていると思わぬトラブルで失敗してしまうこともあり得ます。まずは用語集から確認して失敗を防ぎましょう!