フラット35は審査基準が甘いって本当?

フラット35は審査基準が甘い?

口コミイメージ

最近CMや広告などで見かけるアルヒの住宅ローンですが、どんなローン商品なのかあまり知らない人も多いと思います。

 

主な特徴としては、住宅ローンの1種であるフラット35の取扱実績件数が1番多いそうです。

 

「ARUHI家の検索」という検索サービスも行っており、そこでは物件と直結しないようなカンタンな質問から、今の家賃とほぼ変わらない支払額で買えそうな物件を検索できます。

 

ローン商品の特徴としてはフラット35の利用者の22%が利用しているという点なのです。

 

ARUHIでは購入予定物件が決まっていない状態でも甘いといわれている事前審査ができます。

 

例えば事前審査は最短で当日に結果がわかります。

 

住宅を購入する際にフラット35の利用を勧められることがあります。

 

多くの人はテレビのCMで名前を聞いたことはあるくらいで実際にはどんなローンなのか、借りるための条件はあるのかなど詳しくは知らないのではないでしょうか。

 

このローンを契約するには、物件購入価格が1億円以下になっているか、床面積が基準以上の広さの建物になっているかといった条件があります。

 

ローンの特徴としては、原則として物件価格の9割までしか借り入れできないことや全期間金利固定なことや繰上げ返済手数料がかからないことなどが挙げられます。

 

金利が変わらないので急に支払額が上がるといったことが起きないので余裕を持って返済計画を立てられそうですね。

 

住宅ローンに関することを調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問を持っている人がいるようなのです。

 

フラット35とは銀行と住宅金融支援機構がコラボした住宅ローンのことです。

 

民間の金融機関では、全期間固定金利での高額融資は資金の調達が難しいと言われています。

 

融資に対するリスクを住宅金融支援機構が取っています。

 

そのリスクを住宅金融支援機構が取っているんなのです。

 

金利が固定されているので支払額が一定で返済計画が立てやすいことが挙げられます。

 

デメリットとしては、基本的に物件価格の9割までの融資になることや繰上げ返済可能額が100万円からと高額なことなどです。

 

住宅は人生で1番高額な買い物とも言われています。

 

その際活用する住宅ローンですが調べてみるとフラット35とフラット35sという2種類があります。

 

いったいこの2つのプランは何が違うのでしょうか。

 

最初に言っておきたいのがどちらかを選ぶというものではなく購入する住宅が必要な条件を満たしていると自動的に適用されます。

 

どういった面を見られるかというと、省エネルギー性や長期間住むことができることを考えるとメリットは大きいです。

 

これらの要件を満たしていると特別金利のフラット35sが適用されます。

 

また、新築・中古かは関係なく利用できるのでぜひ活用してください。

 

住宅ローンをはじめとした長期間に渡る借入は、できるだけ早く返済したいという気持ちを持ってしまいます。

 

早く返す方法は繰り上げ返済をすることです。

 

住宅ローンのフラット35を例にすると銀行機関によって繰上げ可能額が100万円からという例が多いですが最近では10万円からという銀行機関もあるようです。

 

その際、手数料が発生する場合と発生しない銀行機関があるのでローンを選ぶ際はこの点も見るようにしましょう。

 

ボーナス併用払いでローンを組んでいる場合には、ボーナス月の請求がずれないように6ヵ月分の合計から可能なことが多いようです。

 

住宅を購入する際の資金調達で頼りになる住宅ローンですがローンなので場合によっては甘くても審査に落ちることもあります。

 

基本的にローンに落ちる可能性が高い状況と言われているのが過去に別のローンで滞納しているなど信用情報が悪い人や借り入れ希望額に対して年収が低くて返せそうにないといった場合が挙げられます。

 

フラット35など多くのローンで言えることですが年間の返済額が年収の約3割までに収まっているかという部分も重要です。

 

例えば、今回の住宅ローンでの返済額が年収の3割以下だったとしても他に車のローンや以前リフォームしたときのリフォームローンが残っていて合計すると超えてしまうといったこともあります。

 

基本的にどのローンでも変動型の方が金利が低いことが多く変動型で借りた方がお得に感じる一方で金利変動で逆に支払額が高くなる可能性もあります。

 

そんなリスクの心配をしたくないという人も中にはいると思います。

 

そういった方の場合は、長期間金利固定のフラット35を利用することをお勧めします。

 

固定型と書いているように、完済までの期間ずっと毎月の支払額が変わらないようになります。

 

マイナスの部分としては、固定なのでたとえ金利が低くなったとしても支払い料金が低くなることもないことなのです。

 

高額な借り入れのローンといえば住宅ローンなどがありますが。

 

周りにローンについて詳しい人は少なく、なにを基準に選んだら良いかわからないという人も多いはずなのです。

 

FPなどの専門家に相談するのが一番だと思ってもどこに相談にいけばいいのかわからないというケースもあります。

 

CMなどで名前を聞くフラット35について聞きたい場合は各銀行機関窓口へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が開いている相談会に行くのがオススメです。

 

この相談会に行く場合は予約が必須なようなのでHPで会場などの開催情報を確認しましょう。